サービス案内

トップ  >  児童発達支援

児童発達支援
Child Support

児童発達支援

みんなと一緒に楽しみながら、「視る」「聴く」「コントロール」する力を育みます。

みんなと一緒に楽しみながら、「視る」「聴く」「コントロール」する力を育みます。

児童発達支援事業とは、児童福祉法に基づくサービスの一つです。早期に必要な指導を受け、将来的なご本人の負担を軽減するために、障害の有無に関わらず、発達の遅れが気になるお子様の利用も幅広く行われております。

なお、国と自治体の給付により、ご利用料のうち1割のご負担でご利用いただくことができます。

あさばスクウェアでは、「見る・聴く・コントロールする力を育む」ことを目標にしながら、集団での約束を身につけること、個別の課題をたて、達成感・満足感を持てるように安心感・自尊心を育てるようにを大切に、支援・指導を行っています。

対象

小学校入学までの知的障がいのある、または精神に障がいのある未就学児(発達障がいを含む)が対象となります。

集団指導  月曜日~土曜日

集団指導

子どものみの小グループ指導です。
手遊びや体を動かす模倣遊びなどを通して、各種感覚の統合を促します。
コミュニケーションの基礎を養うことを大切な狙いとしています。

● ポイント
  • 子どもの発達状況や各課題を把握し、認知的な発達も含めた働きかけを行い、特性に合わせた支援に役立てます。
  • 基礎的な描写活動を行い、小集団の中で楽しく過ごせます。
  • 大人の指示を理解し、行動する力を持てるように働きかけを行います。

音楽療法  月1

音楽療法

音楽療法は、親子で参加できる集団音楽療法です。
音楽は、世界でただ1つの「共通語」といわれています。
大きな集団の中で、みんなと一緒に音楽やリズムに合わせて十分にやり取りを重ね、触れ合うことの楽しさ、人の優しさや大切さを見つけます。
家族を超えた大きな集団は、集団の中でルールをもとに学びあう場としての大切な役割を持っています。

1日の流れ

1日の流れ

児童発達支援

児童発達支援

放課後デイサービス

放課後デイサービス

個別指導

個別指導

相談支援

相談支援

言語療法

言語療法
お問い合わせはこちら メールでのお問い合わせ

▲ページの
先頭へ戻る