初めての方へ

トップ  >  あさばスクウェアについて

あさばスクウェアについて
About

あさばスクウェアについて

みんなと一緒に楽しみながら、「視る」「聴く」「コントロールする」力を育みます。

みんなと一緒に楽しみながら、「視る」「聴く」「コントロールする」力を育みます。

あさばスクウェアでは、子供たちが未来に向けて、自分らしく豊かに暮らしていけるよう、子供たち一人ひとりの発達課題にあった内容を集団、個別にてサポートしています。

幼児期は成長するための土台作りの大切な時期です。
内面の発達や人との信頼関係を育み、自分が大事にされ必要だと感じることのできる支援を保護者様と一緒に考え、取り組んでいけるように考えています。

また、子どもの健やかな成長には、安心できる人間関係や場所が必要です。
それぞれのペースで生活や遊びを楽しみ、自分らしく、ありのままで過ごせる、そんな安らぎの場でありたいと思っています。

あさばスクウェアが大切にしていること

あさばスクウェアについて

人と関わる力

子どもの思いや気持ちに寄り添い、人と関わる経験を積み重ね、状況理解、他者・自己理解、感情のコントロールなどを学びます。

子どもの目線で

子ども達と同じ目線に立ち、信頼関係を築きながら、楽しいトレーニングを通してコミュニケーション力・社会性などが身に付くようにサポートします。

生活を大切に

健康な身体づくり家庭と連携しながら体調や生活リズムを整え、毎日元気に生活することを目指します。

ご家族の方と一緒に

ご家族の方の悩みや不安について共に考え、家庭とあさばスクウェアが手を取り合って、一緒に子育てすることを大切にします。

教室案内

おかあさんの声

AさんAさん

こだわりがゆるくなってきました。
パニックがへってきてことばでも納得することができるようになってきました。理解する力がついてきました。

BさんBさん

教室に行き始めて1ヶ月ほどでかなりの言葉数が増えました。今では会話もできるようになり、親子ともに言葉が通じないイライラ感が減りました。

CさんCさん

教室に行く前は、私の声かけに振り向きもしなかったのですが、あさばスクウェアに行くようになってから、先生のレッスンがとても子どもの興味を引くものであったようで、家でも同じことをすると、私の声かけに答えてくれるようになりました。

DさんDさん

自分の意思を言葉で伝えることが多くなりました。パニックの回数もずいぶん減り、日常の生活でほとんど起こすことがなくなりました。

EさんEさん

自分の気持ちを言葉でうまく表現できるようになったせいか、お友だちとのトラブルも少なくなりました。

FさんFさん

3歳頃から通い始めて今まで見ると、小学3年生になった去年頃から、一人で毎朝学校の準備ができ、お友だちの行動をよく見て動くことが急にできるようになりました、すごい成長です。

児童発達支援

児童発達支援

放課後デイサービス

放課後デイサービス

個別指導

個別指導

相談支援

相談支援

言語療法

言語療法
お問い合わせはこちら メールでのお問い合わせ

▲ページの
先頭へ戻る